e-Logicollation 製品情報

商品の文字を認識するハンディーターミナルシステム

バーコード表記がなくても精度の高い検品で誤出荷を防止します。

OCR(光学文字認識)とは印刷物などの文字を光学的に読み取り、 あらかじめ登録されたパターンとの照合により文字を特定し、文字データを入力する装置のことです。 バーコードがなくても読取りが可能で、簡単に電子データにできます。

伝票品名と現物品名を認識するイーロジコレーション

文字を読み取り、同じ商品として認識します!

物流品質の向上

  • 誰にでも正確な検品作業ができる
  • 誤入荷や誤出荷を防止し、ロスコストを削減

作業時間の短縮

  • 棚番、倉番の移動が容易にできる
  • ペーパーレスが可能
  • 目視から機械によるチェックへの変更で効率UP
  • 新人社員の教育不要 (教育時間の短縮)
ボタンを押すだけの簡単操作
品名にHTを照射するスタッフ

熟練者を配置せずに入出荷する品名にHTを照射するだけで、直ぐに誰にでも高い作業品質が実現します。又、読み取り結果を『ブザー音』で知らせる機能も付いているので安心です。

データはPCへ転送
データが転送されたパソコンの画面

インターネット環境を利用し、瞬時に作業現場から直接データがPCに転送されます。又、目視作業で発生するヒューマンエラーを回避することができます。

検品、事務作業にかかる時間が大幅に削減されます
デスクに置かれたイーロジコレーション

入出荷検品システムを導入することで、検品作業ロスの削減、在庫の見える化等を図ることにより、事務作業の効率化が進み、作業時間が大幅に短縮できます。

イー・ロジコレーションの導入の比較

システム導入前

目視による検品、伝票チェックが必要です。

1.入荷検品
納品書、出荷伝票を目視で確認
2.入庫
入庫伝票を目視でチェック、伝票入力
3.出庫(ピッキング)
出庫伝票を目視で確認
4.出荷検品
出庫伝票を目視でチェック

システム導入後

イー・ロジコレーションで品番を読み込むだけ。伝票の発行が不要です。

1.入荷検品
入荷検品はOCRで
2.入庫
入庫はデータで管理
3.出庫(ピッキング)
イーロジコレーションにデータ転送してピッキング
4.出荷検品
出荷伝票もイーロジコレーションで

ダウンロード