Kuranosuke 製品情報

スマホで管理!クラウドシステムで広域連携

「どこに」「何が」「いくつ」「いつまで」の備蓄状況を一元管理。 容易に可視化することができます。

クラウドにあるデータはどこからでも閲覧できる

Kuranosukeの使用方法

ログインする
ログイン画面

担当者IDとパスワードを入力し、システムを起動させます。

備蓄品の入出庫を登録する(入力画面)
入力画面

備蓄品の入庫や出庫の情報を登録します。また、変更や削除もこの画面でできます。

備蓄品の状況を確認する(メイン画面/詳細画面)
在庫の状況がわかる詳細画面

備蓄品の保管状況が保管場所別にリスト表示されます。保管場所名をクリックすると、詳細画面になり、備蓄品の数量、使用期限が確認できます。

個数や消費期限を適正に管理することは、防災管理担当者様にとって大きな負荷になっています。 そのような煩わしい作業内容を、防災備蓄品管理クラウドシステム「Kuranosuke」が解決いたします!

管理者ID と利用者ID

管理者IDでログインすると以下のことができます。

  • 各種マスターの登録、変更、削除
  • 備蓄品数量変更履歴の表示
  • 備蓄品目標数量や各種ユーザー権限の設定

変更をメールで通知

保管状況に変更があった場合、変更内容をメールにて通知します。 使用期限が切れる備蓄品がある場合はメールにて通知します。

Kuranosukeとエクセルの管理比較

エクセル

通知
通知機能なし
履歴
管理者はブックやシートを分けない限り基本的には最終状態のみ管理となる。
セキュリティ
ファイルにパスワードがかけられる
リアルタイム
利用状況が棚卸に合わせた把握で遅れがちで、同時の入力及び更新は不可。
モバイル
表示は出来るが、PC表示と同じため操作は困難。
検索・集計・データ活用
管理者はEXCELの基本操作や関数を理解する必要がある。

防災備蓄品管理クラウドシステムKuranosuke

通知
保管状況の変更や使用期限切れの情報をシステムがメールにて通知をしてくれる。
履歴
管理者機能にて誰によってどんな変更が行われたかの履歴が見れる。
セキュリティ
システム利用時のログイン・パスワード、管理者と利用者ごとに参照・更新権限が設定可能。
リアルタイム
管理者の入力はもちろん、倉庫の利用や在庫チェックする側からも随時入力することにより、備蓄品の状況をリアルタイムに管理可能。
モバイル
スマートフォン、タブレット対応
検索・集計・データ活用
マウスのクリック(指のタップ)操作にて簡単表示

ダウンロード